美容整形・輪郭形成なら横浜エーブクリニック
横浜エーブクリニック中国語サイト
横浜エーブクリニック
無料メール相談
カウンセリング予約
0120-558-896
main
中顔面(ミッドフェイス)リフト
アイコン

加齢変化により下眼瞼から頬前面にかけてのタルミが進行してくると、眼頬溝・鼻頬溝というシワが目立ってきます。
いわゆる「ゴルゴ線」と呼ばれているシワのことですが、これがあると疲れているように見られ、実年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。

これを改善するためには、中顔面(ミッドフェイス)リフトが効果的です。下眼瞼切開術のアプローチで行ないますので、他の部分のフェイスリフトに比べてキズが目立ちにくいのが特徴です。
頬前面だけでなく下眼瞼のシワ・タルミも改善するので、中顔面の効果的なアンチエイジングになります。

中顔面(ミッドフェイス)リフトの手術法
中顔面(ミッドフェイス)リフトの手術法
中顔面(ミッドフェイス)リフト
1
皮膚切開
下眼瞼切開術と同じように、下眼瞼のマツ毛の生え際から1.5mm下を、目頭から目尻まで皮膚切開をします。
目尻側はタルミの程度に応じて、目尻よりも1~2cm外側まで皮膚切開を拡張します。
矢印
2
皮膚剥離
  1. 切開部分から頬前面に向かって、皮下剥離します。
  2. 続いて眼輪筋下層から頬骨の骨膜上を剥離いたします。
    下眼瞼から頬前面にかけては、一部に硬い支持組織があり固定されているのですが、この剥離操作によって、皮膚・皮下組織を上方に移動させることができます。
矢印
3
固定
  1. 眼瞼の脂肪組織が多い場合には余剰脂肪を切除しますが、必要に応じて下方に移動して固定いたします(ハムラ法)。
    剥離した皮下組織・眼輪筋を、頬骨上縁~外側に固定いたします。この操作により、皮下の組織が上方に移動してタルミが改善されます。
  2. 余剰の皮膚を切除します。
矢印
4
手術の終了
止血を確認した後、皮膚を縫合して終了です。
矢印
手術のポイント
手術のポイント
手術時間 3時間程度
傷跡 目立ちません
入院 不要
通院 術後5~7日に糸を抜糸
麻酔 局所麻酔または静脈麻酔
日常生活 手術後1ヵ月間は局所を強く押したり、こすったりしないようにしてください。
  • この手術は下垂した組織を上方へ移動させることが重要なポイントになります。
    そのためには皮下組織の剥離を適切に行なう必要があります。(単に皮膚を切除しただけでは、下眼瞼が下方に引っ張られて「アカンベー」の状態になってしまいます。)
  • ミッドフェイスリフトは、眼頬溝や鼻頬溝と呼ばれている頬前面のシワ・タルミを改善するための手術です。
    法令線には多少効果が期待できますが、マリオネットラインのような口元や下顔面のシワ・タルミを改善することはできません。
    その場合はヒアルロン酸注入など、他の方法を組み合わせて行なうことが効果的です。
手術に関して
手術に関して
施術時間 3時間程度で終了いたします。
傷跡 皮膚切開は下眼瞼(睫毛付近)ですので、皮膚のキズは目立ちません。
麻酔 局所麻酔(ブロック麻酔併用)または静脈麻酔(手術中眠ってしまう麻酔法)のどちらかを選択できます。
入院 必要ありません。
通院 術後5~7日にキズを縫合している糸を抜糸いたします。
その後は、術後1ヵ月と3ヵ月に定期検診を行ないます。
検診日以外でも、何か気になることや問題がある場合には、適時診察させていただきます。
入浴・
シャワー
当日からOKです。傷口を濡らさないようにしてください。
メイク 当日からOKです。
その他 手術後1ヵ月間は局所を強く押したり、こすったりしないようにしてください。
日焼け・強い紫外線に当たらないよう気を付けてください。
妊娠中のかたは、時期によっては手術を受けることができません。
当院のこだわり
当院のこだわり

その1 カウンセリングを重要視
中顔面のアンチエイジングは様々な方法があります。
タルミの改善にはミッドフェイスリフトが効果的ですが、ヒアルロン酸注入やウルトラVリフト、ケミカルピーリングが有効なこともあります。
個々の状態に応じて、適切な方法を行なうことが重要です。
“エーブ クリニック”では、術前カウンセリングで手術適応を決定することをとても重要視しています。
本当にこの方法で良い効果が得られるのか、満足いただける結果となるのか、それらのことをご手術の前に的確に診断することが大切と考えています。

その2 効果的な手術方法
中顔面のタルミ取りは難易度が高い手術といわれています。
その理由は、眼窩下神経と大・小頬骨筋が複雑に存在している部位なので、皮下組織を安全にかつ効果的に剥離をする必要があります。
剥離を適切に行なわないとタルミ改善の効果が得られません。 また合併症を起こす可能性が高くなります。
“エーブクリニック”では適切な範囲の剥離を慎重に行なうことにより、安全で効果的なミッドフェイスリフトを行なっています。

その2 安心の無痛麻酔
“エーブ クリニック”では、麻酔科専門医の資格を持つ院長が責任を持って手術・麻酔を行ないます。
痛みに弱いかたや手術が怖いかたには静脈麻酔で行なうことも可能です。

よくある質問
よくある質問

Q:手術後の固定は、どのようにするのですか?
A:下眼瞼から頬前面にかけて、テーピングによる固定を行ないます。
頬や頚部のフェイスリフトと違って、フェイスバンテージによる固定はいたしません。
顔全体を覆うものではなく、テープも肌色なので、比較的目立ちにくい固定になります。

Q:頬前面(中顔面)のシワ・タルミに対しては、ミッドフェイスリフトの他にどのような方法がありますか?
A:中顔面のアンチエイジングとしまして、ミッドフェイスリフト以外の方法としては、注入法が主な改善方法になります。
ゴルゴ線に対してはヒアルロン酸を注入しますし、頬前面の陥凹には脂肪注入を行ないます。
皮膚表面の細かいチリメンジワに対しては、PRP(血小板注入)やケミカルピーリングなども効果的です。

Q:口元の法令線を消したいのですが、ミッドフェイスリフトで改善できますか?
A:元々ミッドフェイスリフトは、下眼瞼から頬前面の中顔面のタルミを改善するものなので、法令線に対しては効果が少ないリフトです。
しかしケースによっては法令線の上の部分に改善効果が見られることがあります。
またヒアルロン酸注入や頬フェイスリフトなどの他の方法を併用することによって、さらに効果を上げることができます。

料金
料金
手術名 金額(税抜)
中顔面(ミッドフェイス)リフト 480,000円
しみ・たるみ
・アンチエイジングメニュー
MENU
お問い合わせ
金沢中央クリニック
0120-558-896
0120-558-896
相談
予約
アクセス
Copyright © YOKOHAMA ABE CLINIC. All Rights Reserved.
メインメニュー