美容整形・輪郭形成なら横浜エーブクリニック
横浜エーブクリニック中国語サイト
横浜エーブクリニック
無料メール相談
カウンセリング予約
0120-558-896
輪郭

輪郭のわずかな変化で印象はガラリと変わります

「張り出したエラ」「シャクレた顎先」など、輪郭についての悩みは様々。
輪郭形成術を行なう上で大切な事は “顔のトータルバランス”です。
ただ単に骨を削るのではなく、削る程度・方向・範囲を正確に診断する事が重要です。
手術後に「エラは無くなったが顎先が大きく見える」「顎は小さくなったが頬骨の張り出しが目立つ」という事態を避けるため、手術前に画像によるシミュレーションで削る部分を確認し、ご希望の輪郭をイメージしておきましょう。

輪郭形成術を行なう場合は全身麻酔を使用しますが、入院の必要はありません。
以前は1~2泊の入院が必須でしたが、現在は覚醒が早く副作用の少ない麻酔薬・麻酔法が確立されています。

BS-TBSにて毎週日曜日朝8:30~放送の”美容口コミ広場TV
小顔特集(エラ・アゴ削り)にて当院が放送されました。

狭い額を広くしたい。後退している額を前に出す。
一般的に東洋人は前額が狭く後退して、逆に眉毛に近い部分が突出している傾向があります。
額を形よく前に出したいかたは骨セメント(メタクリル酸メチル)やハイドロキシアパタイトで理想の額を形成いたします。
皮膚を切らずにコメカミ部分の若返り。
加齢変化とともにコメカミ部分の軟部組織が委縮してくるために、この部分がクボんでいると老けた印象になります。
脂肪やヒアルロン酸を注入することで、皮膚を切らずに若返りができます。
皮膚を切らずに輪郭形成。
頬の軟部組織が少なくコケている状態は不健康な、貧相なイメージを与えてしまいます。
皮膚を切らずに脂肪やヒアルロン酸を注入することで、簡単に輪郭形成を行なうことができます。
MENU
お問い合わせ
金沢中央クリニック
0120-558-896
0120-558-896
相談
予約
アクセス
Copyright © YOKOHAMA ABE CLINIC. All Rights Reserved.
メインメニュー